事例

よくある質問

用語説明

はじめての方へ

2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
 
 
 
 
 

リモートシステムとは

1. 何をするもの?・・・リモートシステムの機能

リモートシステムは、電源と信号を同時にワイヤレスで伝送するシステムです。
出力部(ベース部)と伝送部(リモート部)で構成されます。
固定側(一次側)で電源や制御機器に接続した出力部(ベース部)と可動側(二次側)でセンサなどの機器を接続した伝送部(リモート部)との間で給電と信号伝送を行います。

2. どこで使うの?・・・リモートシステムの用途

リモートシステムは、回転・移動・着脱を伴う機械・装置での給電と信号伝送に関わる問題を解決します。


回転ユニット 着脱ユニット 移動ユニット
回転ユニット 着脱ユニット 移動ユニット
▶ケーブル引回し不要 ▶コネクタ着脱不要 ▶位置決め自由度アップ
▶断線トラブル解消 ▶交換と同時に信号出力可 ▶到着と同時に信号出力可
▶反転動作不要 ▶通信部の露出が無く安全 ▶通信部の露出が無く安全
回転ユニット改善事例 着脱ユニットの改善例 移動ユニットの改善例

3. なにが改善できるの?・・・リモートシステムのメリット

ケーブル コネクタ センサ
ケーブル コネクタ センサ
ケーブルの引回しによる断線の改善 ピン折れや接点劣化による接触不良の改善 外部設置のセンサによる誤検知の改善
着脱作業 スリップリング コスト軽減
着脱作業 スリップリング コスト削減
ユニット交換時の着脱作業時間を改善 水・油・粉塵があっても通信可能 メンテナンスコストを軽減

4. どうやって使うの? リモートシステムの機器構成

リモートシステムは、出力部と伝送部間で非接触の給電と信号伝送を行います。


伝送部(リモート部)を 可動側に設置し、この伝送部に検出スイッチなどを接続します。
出力部(ベース部)は 固定側に設置し、PLC 等の制御機器と電源に配線します。
伝送部が出力部の伝送領域に入ると出力部から伝送部に電源が供給され、これにより伝送部に接続した検出センサなどが動作します。
検出センサの検出信号は、伝送部から出力部に伝送され、出力部から接続する制御機器に出力されます。

 

伝送可能な出力部と伝送部の組み合わせは決まっています。
カタログ等で組み合わせて掲載されている型式の製品を使用してください。
伝送部とセンサの配線には、4 点用.8 点用など専用中継ボックスを用意しています。

お問合せメール

ページトップへ